家屋の評価のきほん

家屋の評価のきほん

家屋の評価のきほん

image


遺産相続をするときに対象となる財産はいろいろなものがありますが、その中でも特に多いのが家屋で、その財産評価のやり方はできるだけ覚えておいたほうがいいでしょう。
最終的には専門家へ依頼することにはなるのですが、できるだけ把握しておくことでだいたいどのくらいの評価になるのか検討がつきやすく、財産評価をしてくれる専門家とも情報を共有しながら進められるのでやりやすいと思います。

まず家屋とひと言で言ってもいろいろな種類がありますが、自宅を相続する場合はその土地と建物の両方を所有していることがほとんどだと思いますので、土地そのものや建物、さらにその権利をそれぞれ評価していきます。

ただ土地だけは所有者がいて、そこに自宅を建設している場合は建物のみの評価になりますので、その建物と借地権の両方が財産となります。
これはマンションやアパートの一室を借りているときにも同じことが言えますから覚えておいてください。

次に被相続人が生前アパートやマンションを所有しており、それらを相続する場合ですが、これはまずそのアパートやマンションが現在どんな状況にあるかも関係してきます。
たとえば誰かが住んでいるアパートやマンションの場合、そこに住んでいる人たちはお金を支払って住んでいるので、当然その権利は守られなければなりませんし、相続したから出ていけということもできません。

したがって相続するのであれば、アパートやマンションの管理をすることを前提に手続きを考えなければいけませんので注意が必要です。
また、自身の所有する土地に建物が建っている場合はその土地や貸家建付地となりますので、一般的な土地の評価よりは下がります。

貸家建付地となるのは建物が建設されていて、その建物の一室を人が借りている場合に適用されますから、たとえば建物に誰も住んでいないのであればその土地は貸家建付地にはなりません。
このように家屋の財産評価は現在の状況によってまったく異なってきますし、自宅として所有している場合と人に貸し出している場合とでは別物と考えたほうがいいかもしれません。

こういった不動産関連の財産評価をするときには、詳しい専門家に依頼したほうが早いと思いますので、もしこれから不動産の相続をする可能性があるなら、できれば被相続人の生前に相談したほうがいいですし、それが難しいのであれば自分が相続人となることが分かった段階で速やかに相談したほうがいいでしょう。

新着情報