海外の財産評価で英語は必要?

家屋の評価のきほん

海外の財産評価で英語は必要?

image

・財産評価に英語が必要となるケース
財産評価を英語でいうと、property valuationといいます。
外国の国籍を保有している被相続人が死亡して、日本国内で相続税の申告が必要になった場合どうすればいいのでしょうか?
海外居者が絡む相続の問題は、少々複雑です。

・国際相続税申告とは?
海外に居住する日本人が、日本国内で相続税の申告が必要になった場合、手続きが一般の相続税の申告と同じようにできるのでしょうか?
こういった国債相続税の問題は、専門家を雇わなければ手続きを進めていくのが難しいです。
例えばどういうケースがあるのかと言うと日本に居ながら、海外に不動産投資をする場合。
そうなってくると、海外に財産を築くことになりますので、もし被相続人が死亡した時にそれらの不動産が、どのように処分されなければならないのでしょうか?
遺産そのものが海外にあることが発覚した場合など、一般的な相続問題とは少し違ったレアケースになります。
こういったケースでは、海外相続専門の税理士を雇う必要があります。

・海外居住日本人の戸籍が日本にある場合
海外に住んでいる日本人が、その戸籍が日本にある場合は、もしその人が亡くなって遺産を残した場合、海外と日本の土地等の相続税の法律が適用になるのでしょうか?
この場合は、日本の相続税の法律が適用になります。
残された遺産が、例えば海外の土地であったりした場合は、手続きが非常に複雑になってきますので、相続人は専門家に速やかに相談するようにしましょう。

・海外の遺産の取り扱い方
海外に遺産が残されている場合は、現地の法律に基づく手続きが必要になります。
しかし、先ほども説明した通り、被相続人の戸籍が日本にある場合、相続税に関しては日本の法律が 適用になる可能性が高いため、注意が必要です。
この辺りは、非常に複雑な問題になります。
日本の法律との兼ね合いになってくる部分がありますので、慎重に手続きを進めていきましょう。

・海外の形式で作成した遺言書の効力は?
例えばアメリカで作った遺言書が発見された場合、その効力は日本でも通用するのでしょうか?
結論から言うと、その遺言書は有効であるということが言えます。
遺言書の形式は海外と日本では違うため、財産分与で混乱をきたさないため、それぞれの国の形式を守る必要があります。
ですから国ごとの遺言書の形式の違いで、無効になることはありません。
ただし、海外で作成した遺言書が海外の形式を守っていない場合、その遺言書は無効になってしまいますので注意が必要です。